Startup Weekend Sapporo vol.5(スタートアップ ウィークエンド サッポロ)

2018-06-22(金)18:30 - 2018-06-24(日)21:00

Space360

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目20-1 ジョブキタビル8F

森下 智 Kuzuhala Takenoli 佐藤ゆうか luciesteel MizunoYouki Kousuke Noguchi 関谷 成実 Tomoya Abe Round Jam Yuto Suzuki Kazuma Matsumoto Hiroki Shinagawa Yuya Hironaka 石塚竣也 鷲谷建 + 20人の参加者
申し込む
あと3人参加できます。
学生チケット
2,500円 前払い
3,000円 会場払い
一般チケット
5,000円 前払い
6,000円 会場払い
最終日プレゼン観覧(パーティ参加付)
3,000円 前払い
3,000円 会場払い

※2018/06/17追記
学生・一般どちらも参加者の募集は定員に達したため締め切りとさせていただきました!
最終日プレゼン見学&パーティ参加のチケットは引き続き販売しておりますので、参加をご希望の方はお申し込みください。


過去キャンセル待ちも続出した大好評イベント
約2年ぶりに、Startup Weekend Sapporo vol.5 開催します!!

image

スタートアップウィークエンドってどんなイベント?

スタートアップウイークエンドは「起業家精神」を育てることを目的とした、ズバリ「起業」をゼロから体験できるイベントです。

 1.アイディアを1分間で紹介するor共感できるアイディアを探す
 2.アイディアに共感した仲間とチームを結成
 3.チームで力を合わせてアイディアを形にする
 4.形にしたアイディアを発表する

この起業に必要な一連の流れを、たった3日間で実際に体験することができます。

たとえば、いつも漠然と考えていること、ずっと試してみたいと思っていたアイディア、ほんのちょっとした思いつき・・・それを実際にモノやサービスとして生み出して世の中に発信したいと思ったことはありませんか?

技術力や時間の不足で自分一人ではなかなか実現できなかったアイディアも、スタートアップウィークエンドなら、参加者と力を合わせることで「カタチ」にできるはずです。

また、この3日間のあいだはスタートアップの経験豊富な進行役やコーチが成功に向けて様々な知恵や考え方を常にアドバイスしてくれます。

失敗を恐れず、一歩踏み出してみましょう。週末が終わる頃には、起業についてのイメージがきっと変わります。

どんなアイディアを出せばいいの?

スタートアップウィークエンドでは、初日にアイディアを1分間で発表しそれに共感した参加者とチームを結成します。
このアイディアの発表を「ピッチ」と呼び、毎回ユニークに富んだアイディアが飛び出します。

vol.4で発表されたピッチの一部を紹介しましょう

・あなたの明日を変える ファッションコーディネートサービス
・簡単に、二者択一の相談ができて楽しく答えられるアプリ
・旅のスキマ時間でもっと思い出作りできる
・ふれあいに特化した紹介コミュニケーション企業

・・・・などなど

詳しくはvol.4の開催報告をご覧ください
→[優勝は現役高校生が率いるチーム!Startup Weekend Sapporo vol.4が開催!
( https://kitagoe.jp/eventnews/startup-weekend-sapporo-4-report/ )

スタートアップウィークエンドはITイベントではありません!
ITに縛られない自由なアイディアを待っています。

アイディアがなくてもOK チームメイトの役割

「発表したいアイディアは特にない」
そんな方もスタートアップウィークエンドはお待ちしています。

ピッチで発表されたアイディアをカタチにするためには、多方面のスキルや経験を持った仲間が必要不可欠です。様々な視点や角度から、仮設と検証を繰り返していくためには、経験や業種にとらわれないチームメイトがそれぞれの役割をもって協力していくことが必要です。

スタートアップウィークエンドでは、起業に必要な役割を3つに設定。参加者はどの役割にチャレンジしたいか、初日に決定します。

・ハスラー:モノやサービスの価値や顧客のニーズを計り、フィードバックする
・デザイナー:フィードバックを元に、仮説を立て、モノやサービスの価値を改善する
・ハッカー:仮説を見える化する。価値を具現化する

自分の職業や専門分野、スキルは全く関係ありません。「デザインができなくてもデザイナーを希望できるのか?」という質問がよくありますが、もちろんOKです。チャレンジしたい役割を選んでください。
本来の職業や学んでいる事と異なる役割に挑戦することで、自分の可能性を探ることができるはずです!

もちろん参加に特別な資格もスキルも必要ありません!

スタートアップウイークエンドの最大の収穫は出会いと経験

起業家精神を育てることを目的としたスタートアップウィークエンドですが、このイベントの最大の魅力であり収穫は、日常ではなかなか出会うことができない様々な人との出会いです。そして、初めて出会ったチームメイトと一から作り上げていく体験は、会社や学校では決して経験できない貴重な体験です。

将来フリーを考えている方、会社で自分の企画を実現したい方、これから社会人になる方、様々な学びと経験を得ることができるはずです。

もちろん、すでに起業を考えている方にとっては、ビジネスとして成功することができるかどうかのシミュレーションをする機会としても絶好のチャンスです。
もしかすると、スタートアップウィークエンドで集まった仲間とともにそのまま実際に起業できるかもしれません。

スタートアップウィークエンドは現在110か国、478都市、1,000回以上開催しています。日本では東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市をはじめとして、滋賀、大垣、熊本などの地方都市での開催があります。その中には、実際に起業に至ったサービスも生まれています。

興味がある!と思った方はぜひコチラをチェックしてください

スタートアップウイークエンドの札幌開催は今回が5回目となります!
少しでも興味がある!と思った方は、ぜひ過去の開催レポートをご覧ください。

・vol.1
 http://marketist.jp/startupweekendsapporo/

・vol.2
 http://kitagoe.jp/eventnews/startup-weekend-sapporo-2-report/

・vol.3
 https://kitagoe.jp/eventnews/startup-weekend-sapporo-3-report/

・vol.4
 https://kitagoe.jp/eventnews/startup-weekend-sapporo-4-report/

スタートアップウィークエンドの最新情報を知りたい方はFacebookグループへの参加、またはtwitterをフォローしてください。

公式Facebookページ - https://www.facebook.com/swsapporo/
Facebook グループ- https://www.facebook.com/groups/swsap/
公式twitter - https://twitter.com/swsapporo

イベント詳細

開催日時 2018年6月22日(金)~6月24日(日)
     ※詳しい時間等は当日スケジュールをご覧ください

参加料金 一般 6,000円(前払い 5,000円)(先着20名まで)    
     学生 3,000円(前払い 2,500円)(先着15名まで)    
     ※おいしい食事5食付き♪ 昼食は付きませんのでご注意ください
     ※学生の方は当日受付にて学生証の提示が必要です
     ※大好評につき、一般・学生チケットどちらも定員制となりました

参加定員 35名

会  場 Space360
     〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目20-1 ジョブキタビル8F

当日スケジュール

当日は次のような流れを予定しています。時間や内容は仮の予定です。参考としてご確認ください。

日程

1日目
【18:30 受付開始】
受付開始です。(お仕事のご都合がある方もいると思いますので、遅れても大丈夫です)

【19:00 夕食 & 交流会】
食事をしながら交流会を行います。どのような参加者が来ているのかを知りましょう。

【19:20 開会の挨拶】
開会の挨拶と運営スタッフの紹介が行われます。

【19:30 ピッチ開始】
参加者によるピッチ(各自のアイディアの短いプレゼン)が行われます。

【21:00 投票】
一番良いと思ったピッチに投票します。

【21:15 チーム形成 & 作業開始】
各自が持っているスキルに応じてチームを形成し、作業を開始します。

【22:00 帰宅】
1日目はこれで終了です。お疲れ様でした。

 

2日目
【9:00 集合】
2日目の始まりです。

【9:30 チーム&作業場形成】
役割分担を決めチームとしての活動を開始します。同時に席を作り各チームの作業場所を決めます。

【12:00 昼食】
昼食が提供されます。

【13:00 作業再開】
昼食後も引き続き作業を行います。

【14:00 コーチからのアドバイス】
困ったことがあったらコーチにアドバイスを求めましょう。

【18:30 夕食】
夕食が提供されます。

【19:30 作業再開】
進捗が良くないようであれば助けを求めましょう。

【22:00 帰宅】
2日目の終了です。お疲れ様でした。残り1日がんばりましょう。

 

3日目
【9:00 到着】
最終日の始まりです。

【12:00 昼食】
昼食が提供されます。

【13:00 コーチへの質問】
もう残された時間は僅かです。コーチに聞きたいことがあるチームはどんどん質問しましょう。

【15:00 プレゼン前の最終チェック】
プレゼン大会はもうすぐです。最終チェックを行いましょう。

【17:00 プレゼン大会】
いよいよプレゼン大会です。準備してきた全てを出し切りましょう。

【19:00 審査 & 授賞式】
審査員による厳正な審査が行われ、授賞式が行われます。

【20:00 パーティ(真の学びの始まり)】
懇親会が行われます。

【21:00 帰宅】
3日間お疲れ様でした。飲み足りない方は二次会へ!

ご注意事項

・参加チケットのキャンセルは2018年6月15日(金)23:59までにご連絡いただければ決済システム手数料を除いた全額を返金いたします。それ以降は食事の支払いの関係で返金はいたしかねますので予めご了承ください。
・Doorkeeperでのお支払いがうまくいかない、クレジットカードをお持ちでない等の理由で決済が行えない方は、代替手段をお伝えしますので公式ツイッターアカウント(@swsapporo)またはメール(sw.sapporo@gmail.com)にてご連絡ください。
・イベント中に撮影した写真は、Startup Weekend及びイベントスポンサーのウェブサイトやFacebookページ、その他取材メディアに掲載させていただくことがございます。掲載を希望されない方は必ずイベント受付時にスタッフにお申し出ください。

ファシリテーター

マツモトサトシ

株式会社Misoca 取締役 / co-founder

京都府出身。
大学生時代は三国志趣味が昂じて、中国を始めとして、モンゴル、東南アジアの国などを巡る旅に出る。その後、大学発ベンチャー企業にて開発業務に従事。その頃、当時の名古屋ではほぼ皆無だったIT系勉強会を主催するように。現在でも継続して、Ruby東海/名古屋Ruby会議、名古屋GeekBarなどのコミュニティで積極的に活動する。
2011年、勉強会共同主催者とともにスタンドファーム株式会社(現、株式会社Misoca) を設立。 同年よりクラウド請求管理システム Misoca を開発、サービスを展開し、スモールビジネスを中心に高い支持を得る。 2016年、弥生(株)にM&A。 その後も継続してMisocaの開発や発展のための活動を行っている。
Startup Weekend では Nagoya のリードオーガナイザーを歴任後、2014年よりファシリテータやコーチなどのロールを多数遂行。
趣味は耳かきです。

ゴールドスポンサー

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

株式会社調和技研

エコモット株式会社

株式会社インフィニットループ

サツドラホールディングス株式会社

Open Network Lab HOKKAIDO

株式会社バーナードソフト

有限会社テックワークス

さくらインターネット株式会社

審査員

入澤 拓也 様

エコモット株式会社 代表取締役

2002年アメリカ留学から帰国後、札幌市内のIT企業「クリプトン・フューチャー・メディア株式会社」入社。携帯電話のコンテンツの企画・開発に従事し、有料会員数10万人超を誇る「ポケット効果音」など人気サイトを手がける。2007年1月同社を退社。2007年2月に「エコモット株式会社」を設立し、代表取締役に就任。ワイヤレスセンシングとクラウドアプリケーションを活用したIoTインテグレーション事業を行う。

船戸 大輔 様

株式会社アートフル 代表取締役

1981年生まれ、北海道出身。2007年に公立はこだて未来大学システム情報科学研究科博士前期課程修了後、2007年から2013年までフリーランスとしてflashやウェブシステムなどを制作、2013年から法人設立。現在はウェブシステム構築・アプリ開発を主としてサービスの企画から構築運用まで一貫してサポートできる組織づくりを目指しています。また個人として、SIAFラボ(札幌国際芸術祭内)にてセンサーを載せた成層圏気球を打ち上げるプロジェクトや、センサーを載せたルアーによる新しい釣り体験を創出するスタートアップなどに参画している。

村田 利文 様

ムラタオフィス 代表取締役、SapporoFoundersFund

1956年江別生まれ。大学院在学中の1980年に株式会社ビー・ユー・ジーを共同設立。IT系学生ベンチャーの草分けとなる。1992年にソフトウェア開発の株式会社ビジョン・コーポレーションをSOHOとして起業。5年目・売上3億円の時、コアシステムと合併し、株式会社ソフトフロントを新創業。VoIPに特化したベンチャーとして2002年にナスダック・ジャパン(現JASDAQ)に上場。2009年、プロジェクトマネジメント事業を行うムラタオフィス株式会社を設立。
事業活動以外では、北大発の技術を普及させるIntelligentPadコンソーシアムを共同で設立。札幌BizCafeの設立メンバーであり、初代の代表である。札幌の複数のIT企業の取締役を兼務。2017年にエンジェル投資家の組合SapporoFoundersFundを組成。

コーチ・メンター

中村 拓哉 様

株式会社調和技研 代表取締役

函館出身。慶應義塾大学商学部卒業後、北海道拓殖銀行入行。株式会社日立ソフトで働いた後、平成23年に北大発ベンチャー 株式会社調和技研 取締役就任。現在は代表取締役。調和技研は北大の調和系工学研究室から生まれたベンチャー企業で、最先端技術の研究成果を社会で実践する事を目的に設立された。現在は全国の大学や研究機関と連携し事業を展開している。特にAIの研究開発が中心だが、北海道の地域イベント情報サイトの運営、インバウンド事業等も手掛け、地域に人を呼び込む為のプロジェクトも推進している。

山崎 清昭 様

株式会社デジタルガレージ コンテクスト・デザイン本部 北海道プロジェクト マネージャー

北海道常呂郡置戸町出身。1995年に北海道工業大学(現:北海道科学大学)大学入学後、普及期直前のインターネットに魅了され中退。
エンジニアとして株式会社イエローページに入社。同社がdocomoのiモード開始時に、公式コンテンツプロバイダとしてコンテンツ提供し、開発を担当。
以降モバイルコンテンツ業界を中心にエンジニア・企画営業として、KLab株式会社、株式会社コロプラと東京で20年勤務。
2012年に帰札しフリーランスエンジニアとして様々なプロジェクトに参画。
2018年より北海道のスタートアップシーンを支援する、Open Netwrok Lab HOKKAIDO 立ち上げのため現職に。

鈴木 卓真 様

有限会社テックワークス 代表取締役

スマートフォンアプリの開発や各種ウェブサービスを提供している。北海道科学大学、札幌大学では、プレゼンテーションやコンピュータサイエンスの分野で講義を行い教育分野にも力を入れている。
米TEDから正式なライセンスを受け札幌で開催しているプレゼンテーションイベントTEDxSapporoのオーガナイザーを務め、札幌から価値あるアイデアを広めるとともに、次世代を担うリーダーの育成に情熱を注いでいる。

依田 知則 様

Chaos ASIA 合同会社 代表社員

1975年札幌市生まれ。小樽商科大学大学院修了。大学院在学中にインターンシップとして北海道ベンチャーキャピタル株式会社にてファンド募集の補助業務を経験。大学院修了後、日本アジア投資株式会社にて技術系ベンチャー企業の発掘育成を行った。その後、インターネット関連会社の立ち上げに参画し、資金調達、株式公開に向けた社内体制の整備、事業リストラクチャリングを主導的に行う。北海道にUターン後、北海道ベンチャーキャピタル株式会社にて複数の地域活性化ファンドのファンド企画及び募集を行う。株式会社HVC戦略研究所(現株式会社道銀地域総合研究所)では主に東南アジア向けの北海道プロモーション、輸出、技術移転に関する調査業務、プロジェクトマネジメント業務を行う。現在は、“Co-Creation with ASIAN”を掲げ、アジア各国の投資家、企業経営者などと新たな価値共創に挑戦中。北海道情報大学カリキュラムアドバイザリーボード アドバイザー。

苽生 淳史 様

株式会社バーナードソフト 代表取締役

1964年北海道岩見沢市生まれ。北星学園大学経済学部卒業ののち、富士通LSIテクノロジ株式会社入社。その後、株式会社ソフトフロントホールディングスの開発部長として、IP通信システム、画像検索・解析システム、新聞社向けニュースサイト、電子郵便事業サーバなどのプロジェクトを歴任。2014年にバーナードソフトを起業、代表取締役に就任。バーナードソフトはネットワーク通信に関して深い知識や技術の蓄積があり、自社製品であるネットワーク監視システム「テグノス」、音監視システム「エスカレイド」などの開発、また、ブロックチェーンやAI技術など、常に新しい技術にもチャレンジしている。

廣瀬 岳史 様

No Maps 実行委員会 事務局長

大学卒業後、民間企業を経て民間シンクタンクに入社。以降10年に渡り、道内自治体の政
策立案や地域活性化事業の運営等に従事。その後、現場により近いまちづくり系の会社に
籍を移して、地域活性化や地域人材育成事業の企画・運営などに携わる。2016年、No
Mapsの前身の一つである札幌国際短編映画祭関連の調査業務に携わったことを契機に
、No Mapsに立上げから参画し、産官学の多様な主体が関わる事業の調整役を担う。2017
年4月より現職。

オーガナイザー

安田 光孝

安田 光孝
https://www.facebook.com/mitsutaka.yasuda

松井 健太郎

松井 健太郎
https://www.facebook.com/kentaro.matsui.501

米屋 孝貢

松井 健太郎
https://www.facebook.com/takatsugu.yoneya

阿部 圭一郎

阿部 圭一郎
https://www.facebook.com/keiichiro.abe.0317

穴田 ゆか

穴田 ゆか
https://www.facebook.com/yuka.anada
 

グローバルスポンサー

DoorKeeper

DoorKeeper
https://www.doorkeeper.jp/

MakeLeaps

MakeLeaps
https://www.makeleaps.jp/

特別協力

近日更新!

メディア関係者の方へ

取材依頼をお待ちしております。Startup Weekend Sapporo 実行グループ(sw.sapporo@gmail.com)までご連絡ください。

Space360
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目20-1 ジョブキタビル8F
Google マップで見る
コミュニティについて
Startup Weekend Sapporo

Startup Weekend Sapporo

Startup Weekend 札幌コミュニティです。 Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、全世界で4,500回以上開かれ、36万人以上が参加しているスタートアップ実践イベントで、金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらアイデアのプロトタイプを作りあげる起業のコミュニティです。スタートアップウィークエンドは国際的なNPO組織の名前でもあります。...

メンバーになる